Be the light, travel light, live light.

やりたいことを仕事にし、旅をするように生きる。

ユーレイルパスを買って得をする人、損する人

ヨーロッパはローコストキャリア(LCC)と呼ばれる格安航空会社も発達していますし、実はバスでの旅行が圧倒的に安いです。

しかし、ヨーロッパと言えば、やはり鉄道を使っての旅行ですね。

スイスのレーティッシュ鉄道や、ロンドンとパリをつなぐ、ユーロスターの印象が強いかなと思います。

 

thumb5

LCCだったら、ライアンエアーかイージージェット

https://www.ryanair.com/

http://www.easyjet.com/en/

 

バスだったら、ユーロラインズ

http://www.eurolines.com/en/

 

 

鉄道での旅行はユーレイルパスを使うと、お得に旅行することができます。

http://jp.eurail.com/

 

見るとわかりますが、ヨーロッパの鉄道はものすごく発達していて、

シェンゲン協定国間の国境をまたいでも入国審査はないので、快適に旅行することができます。

europetrainmap

ユーレイルパスについてですが、対応している国によって値段が違います。

一番ポピュラーなユーレイルグローバルパスはヨーロッパの28カ国で使うことができて、3ヶ月で1592ユーロです。

そのほかにも短いパスで5日間から15日間、21日間のパスなどがありますので、ご自身の日程に合わせて購入してください。

こちらのリンクからユーロ建てで購入すると、日本のH.I.Sなどで購入するよりもお得ですし、時期によっては20%OFFでパスを購入できるのでヨーロッパの現地で購入するよりも断然お得です。

http://jp.eurail.com/

 

日本語にも対応していますので、日程が決まっているのであれば早めに購入されることをおすすめします。

また、25歳以下はユース価格で乗車できますので、さらにお得に旅行することができます。

ヨーロッパの美術館なども安く入場できたりなにかと得することがあります。

パスも1stクラスと2ndクラスと分かれていて、2ndクラスでもかなりキレイな列車に乗ることができて、安いです。

ヨーロッパ旅行をする人は必ず、25歳までに退職して旅立ちましょう。

でもユーレイルパスを買って、損をしたっていう人が実はけっこう多いんですよね。

 

グローバルパスを購入される方が圧倒的に多いですが、実はユーレイルパスには

 

・セレクトパス

・リージョナルパス

・ワンカントリーパス

もあって、使い方や日程によってはこっちの方がお得になります。

 

シェンゲン期間内の90日間でヨーロッパ中を縦横無尽に毎日移動するような激しい旅行をしたい人はとりあえず、グローバルパスの3ヶ月を購入しておけばさほど問題ないのですが、

旅行する国が決まっている人や、LCCや船を織り交ぜるようなダイナミックな旅行をする人には不向きだと思います。

 

例えばですが、イタリアやオランダ、ベルギー、スペイン、東欧を旅行する人はユーレイルパスは必要ありません。

これは断言できます。

 

なぜなら、列車での移動が少ないです。

スペインなんて、マドリードとバルセロナくらいしか列車移動できないので、バスでの移動になったり。
そもそも鉄道料金がパスを使って乗るほど、高くない。

イタリアは特にそうですね。このブログを読んでくださっている方の大半は安く旅行することを目的としていると思いますので、イタリアの列車ではリージョナルに乗れば移動費はかなり安く抑えられます。

 

試しにトレンイタリアのサイトでミラノからフィレンツェまでの料金を調べてみます。

http://www.trenitalia.com/

時間帯にもよりますが、移動時間が1時間40分、25ユーロのチケットもあれば、

同じ移動時間で95ユーロとか。

いや、どうしても1stクラスに座りたいんだっていうならいいんですけど、

イタリアを安く旅するなら、パスは必要ない、というのが僕の意見です。

グローバルパスの3ヶ月パスで30回乗車すると、1回あたり約7500円くらいになりますので、

そんなに毎回大きな移動しないですよね?

反対にドイツとスイスに関してはパスは絶対に必要です。

グローバルパスでもいいですし、1カ国パスでもいいです。

ドイツとスイスは単純に料金が高いということと、予約料金がかからないのでパスを使うのがおすすめです。

ヨーロッパの鉄道は予約をして、席を事前に席を確保しておかないと乗車できなんですね。

リージョナルだったら予約が必要ないこともあるんですが、基本は事前予約が必要で予約料金をとられるということを覚えておいてください。

フランスなんて、予約料金だけで19ユーロ取られますからね。

パスの料金と予約する毎に19ユーロですから、フランスを鉄道旅行する場合は注意が必要です。

ドイツの居住者は50%割引や25%割引の鉄道パスとかあるんですが、

旅行者が普通料金で乗るとかなり高くつきますので、ドイツ旅行ではパスは必要ですね。

実はジャーマンレールパスというのがあって、あまり知られていませんが、個人的にはかなりいいなぁと思います。

http://www.germanrailpasses.com/?utm_source=FAQOCPDELINK&utm_medium=Eurail&utm_campaign=EUGRP

 

ドイツ1カ国用のパスですが、スイスのベルンや、オーストリアのザルツブルグまで有効ですし、

例えば、フランクフルトからチューリッヒ行きの列車を予約してもドイツ国内の料金はパスを使えば無料、国境からチューリッヒまでの料金を払うだけなので、かなり使い勝手いいです。

そのような使い方をできるので、駅の窓口で聞いてみてください。

パスを持っているとニュルンベルグからプラハまでのバスを特別料金で乗ることができたりもします。

年々、このような特別チケットが増えているので、随時チェックしておく必要がありそうです。

ヨーロッパの列車の時刻は各鉄道会社のホームページからも検索できますが、

ドイツの鉄道会社DB Bahnでヨーロッパ中の鉄道の時刻を調べることができます。

料金はドイツ国内の列車だけ調べられます。

http://www.bahn.de/p_en/view/index.shtml

紙媒体の時刻表が欲しい場合はトーマスクックの分厚い、重い、時刻表を持ち歩くのもいいですが、

ユーレイルパスを買った時についてくる、薄い冊子バージョンの時刻表の方が余分な情報がなくて、使いやすいです。

トーマスクック時刻表

http://www.amazon.co.jp/dp/4478047502/

ヨーロッパに6ヶ月以上居住しているひとはユーレイルパスよりも安い、インターレールパスというのも存在します。

http://www.interrail.eu/

イギリスやフランス、ドイツ、デンマークでワーキングホリデーをしている人はこちらのパスで旅行した方がお得になります。

 

インターレールパスには

・グローバルパス

・ワンカントリーパス

 

があり、グローバルパスの1ヶ月がユース価格で461ユーロとなっています。

通常のユーレイルグローバルパス1ヶ月が591ユーロとなっていますので、差額が130ユーロです。

インターレールパスも時期によって、15%OFFで購入でできるので、上記リンクから購入するのがおすすめです。

ヨーロッパでワーキングホリデーをしている人はいいですね!

長々とユーレイルパスについて書いてきましたが、

一番安く旅行するなら、ユーロラインズというバスとドイツを絡めたセレクトパスやジャーマンレールパスを使う方法だと思います。

予約料とか考えると、ヨーロッパでの移動はバスが一番安いですね。

LCCも安いチケットはあるんですが、LCCが利用する空港は市街地が遠いことがほとんどなので、空港までの移動費がかかってしまいます。

気ままに、その時その時で行き先が変わる旅行なら、パスは買わなくてもいいと思いますよ。

 

必要になったら、セレクトパスなどを買えばいいだけです。

クラブに行きたくなって、LCCでイビサ島に飛んで行ってしまうかもしれないし、

急に、ブルーラグーンの温泉に浸かりながらオーロラが見たくなって、アイスランドに飛ぶことになるかもしれない。

リヨンで光の祭典があることを知って、東欧から移動することだってあるかもしれませんし。

世界一周航空券と一緒で、日程が完璧に決まっている人だけユーレイルパスを買ってください。

ドイツのジャーマンレールパスとスイスのスイスレールパスを買って、

残りの旅程はLCC、バス、通常の列車で旅行するのが賢いバックパッカー流旅行術です。

できれば25歳までにユースパスを買って、ヨーロッパを周遊、美術館に割引価格で入場して

そのあとワーキングホリデーで気に入ったところに住む。

インターネットを使って収入を得ることができればこういった生活も十分実現できます。

いろいろと想像を膨らませて楽しみましょう。

 

Related Posts

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です