Be the light, travel light, live light.

やりたいことを仕事にし、旅をするように生きる。

世界一周航空券「スターアライアンス」

世界一周航空券のうちの一つ
スターアライアンス(STAR ALLIANCE)を紹介します。
まず、スターアライアンスはマイル制といって、
あらかじめ決められたマイル数しか移動することができません。
ルールが明確でシンプルなチケットです。
 
スターアライアンスに加盟しているエアラインは全日空(ANA)など27社となっています。
利用できるエアラインが多いので、より多くの都市に行けるということですね。
チケットの種類は3つ
・STAR1(29,000マイル以内)
・STAR2(34,000マイル以内)
・STAR3(39,000マイル以内)
最大搭乗回数はワンワールドと同じで16回まで
同じ都市での滞在は1回までというルールがあり、経由、乗り換えも3回までなので
ヨーロッパ内の主要都市を経由する際にはルートを組むときに注意。
同じ国内での滞在も3回まで(アメリカ国内は5回)というルールもあるため、国土の広い国でたくさんの都市を回る際も注意が必要。
 
オープンジョー利用時、その区間の直線のマイル数も加算されるので
それも踏まえて規定マイル数を越えないようにしないといけません。
例えば
ロンドン(LHR)からトロント(YYZ)へ飛んで、トロント(YYZ)~バンクーバー(YVR)間はオープンジョー(陸路)、バンクーバー~成田というルートの場合
実際はロンドン~トロントとバンクーバー~成田の2フライトですが
オープンジョーであるトロント~バンクーバー間も1フライトということです。
(ちなみにトロント空港~バンクーバー空港は2,085マイルです。)
カナダやアメリカは見所がたくさんあるので、陸路での旅もオススメします。
カナダにはVIA Railという大陸を横断する高級列車があるので、ぜひ一度乗ってみてください。
実はカナダでの一番高い移動方法は列車です。
 
世界一周航空券の料金は燃油サーチャージによって変わりますので、こちらから確認してみてください。
http://www.staralliance.jp/pr/fares/round_the_world.html
また、最低旅行日数というのもあって、これは10日間となっていますが、
日本へ一時帰国するチケットを別途用意すれば、お盆と年末などに分けて旅行すれば問題ないです。
世界一周も意外と簡単に行けそうですね。

Related Posts

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です